長崎観光を中心に佐賀・福岡・大分・熊本

長崎空港発/着6時間観光¥33,600-

■長崎空港/(長崎空港発~長崎市内着)
長崎空港~大浦天主堂~グラバー園~孔子廟~オランダ坂~
出島阿蘭陀商館~中華街(車窓)~思案橋(車窓)~
崇福寺~興福寺~眼鏡橋~諏訪神社~26聖人殉教地~
一本柱鳥居(車窓)~浦上天主堂(車窓)~鐘楼(車窓)~
如己堂~平和公園~原爆落下中心地公園
~原爆資料館~長崎市内各所

■長崎空港/(長崎市内発~長崎空港着)
長崎市内各所~大浦天主堂~グラバー園~孔子廟~
オランダ坂~出島阿蘭陀商館~中華街(車窓)~
思案橋(車窓)~崇福寺~興福寺~眼鏡橋~
諏訪神社~26聖人殉教地~一本柱鳥居(車窓)~
浦上天主堂(車窓)~鐘楼(車窓)~如己堂~
平和公園~原爆落下中心地公園~原爆資料館~長崎空港

■普通車定員4名 ¥33,600
■ジャンボタクシー定員9名 ¥50,320
■所要約7時間
■お迎えは駅、ホテル、市内各所までお迎えに参ります。
■コースの順路、車窓など変更は可能です。


大浦天主堂

大浦天主堂(国宝建造物)

大浦天主堂の正式名称は「日本二十六聖殉教者天主堂」。プチジャン、フィーレのフランス人両神父によって西坂の丘で殉教していった26聖人へ捧げるために建てられた教会です。そのため殉教地、西坂の丘に向けています。日本で一番古い木造教会で、創建当時のステンドグラスなどが一部残る。心が穏やかになります。


グラバー邸

グラバー園(国重要文化財)

日本の近代化に貢献した、トーマス・ブレーク・グラバーが住んでいたグラバー邸を中心に移築を含む9棟の洋館があり、長崎港を含め長崎市内を一望できるスポットです。初代麒麟ビールのラベルを作ったのは意外に知れてらない。園内のハートストーンを見つけると、恋がかなうとか・・・。


孔子廟

孔子廟

明治26年(1893)建立。中国人が海外で建造した唯一の孔子廟。中国政府、山東省曲阜(きょくふ)孔子廟の助力を受けた昭和57年(1982)の改築によって、中国華南と華北の建築様式が合体したユニークな廟宇である。長崎では学問の神様としも親しまれ、廟内72賢人は必見の価値があります。あなたも賢人の一人に! 


オランダ坂

オランダ坂

長崎では、西洋人のことを皆「オランダさん」と呼んだ。おそらく江戸時代から長崎には西洋との窓口だった出島にオランダ人が住んでいたところからきたのだろう。ココ以外にもオランダ坂ある。さだまさしさんの「絵はがき坂」の歌詞でも知られる。長崎の石畳は雨が降っても滑らないですよ。


出島

出島阿蘭陀商館(国史跡)

安政の開国までは唯一西洋との窓口だった。元々は市内に点在していたポルトガル人を隔離する為に作った人口の島。島原の乱以降は、オランダ人が住む事になる。江戸参府の資料・オランダ商館の生活・シーボルト関連資料など、歴史が好きな人はたまらないです。あなたも江戸時代にタイムスリップ!


201304231551

中華街(日本三大中華街)

日本三大中華街で、風水学を用いて中華門は作られている。春夏秋冬1年を通してイベントが目白押しです。中でも、毎年の春節(旧正月)のランタンフェステバル期間中はそれは凄い賑わい。やっぱり!本場の長崎ちゃんぽんと、皿うどんは、超オススメです。角煮饅頭もおいしかですバイ!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

思案橋

日本3大花街であった「丸山」の入り口で、行こうか、行かまいかと思案したので思案橋!最盛期には、遊女部屋だけでも74軒もあったそうです。幕末には政治の裏舞台だった場所。坂本龍馬を始め、著名は人々が訪れた記録が残る。現在は長崎の歓楽街である。龍馬ファンには外せないスポット。


崇福寺

崇福寺(国宝、重文化、他)

開山が1629年。超然を招聘して創建。ここには国宝(国宝建造物)が、2つもあり、その他重要文化財・県・市など文化財の宝庫です。長崎に来たならこのお寺は外せないかも。「龍馬伝」、「長崎ぶらぶら節」の撮影も行われました。隠元禅師の筆と言われる扁額「聖寿山」も必見です。


興福寺

興福寺(国重要文化財)

開山が1620年。真円を招聘して創建。日本で一番古い唐寺でもある。崇福寺・福済寺と長崎の三福寺の一つ。めがね橋を建立した黙子如定は二代目住職にあたります。最近では映画「解夏」の撮影も行われ事もあります。黄檗宗の開祖隠元禅師ゆかりの寺でもある


眼鏡橋

眼鏡橋(国重要文化財)

日本で最古のアーチ式石橋であるが、昭和58年の長崎大水害で半壊した、その後流された石を集めて復元した。川面に映る影と一緒に見るとめがねのように見えるのが由来、石材は風頭にある石切り場から切りだしたのでないかとされる。最近は眼鏡橋近くのハートストーンも超人気スポットです。


諏訪神社

諏訪神社

長崎の氏神様。長崎の人は親しみを込めて「おすわさん」と呼びます。初詣、また、秋の大祭「長崎くんち」でも有名です。建立は古く390年の歴史があり、江戸幕府下では朱印地でもある。境内にはおもしろい狛犬が30体、お参りするときっと運気を上げてくれます。個人的にはパワースポットとしてご紹介しております。良い気を感じることができます。


26聖人

日本26聖人殉教地

1597年2月5日京都・大阪で捕らわれた6人の宣教師と20人の切支丹がこの場所で処刑された。以降記録が残っているだけで600人が殉教した。ローマカトリックでは世界的な巡礼地である。後方には聖フィリッポ教会(西坂教会)は、アントニオガウディ研究で知られる建築家、今井賢次の設計でもある。毎年2月5日は野外ミサが捧げられる。


片足鳥居

一本柱鳥居(山王神社)

原爆落下中心地から約900メートル付近にあった山王神社の二の鳥居である。当時はこの鳥居を含めて4本あり、他は原爆の爆風で破壊されました。被爆当時はもう一本手前にも鳥居がありました。境内には被爆したが生き残った楠木が静かに何か語ってかのようです。原爆の威力を後世に伝える貴重な遺構です。


浦上天主堂

昭和20年8月9日の原爆で破壊され現在の天主堂は昭和34年に新築(復元)されています。前聖堂は、明治12年から建設し当時は東洋で一番大きかった教会である。現在西日本でも一番大きいパイプオルガンがあり、今も原爆の爆風に耐えた片方のアンジェラスの鐘が時を告げている。正面玄関上右洗礼者ヨハネ、左聖母マリア石像は当時のまま復元再建した天主堂に戻してあります。


鐘楼鐘楼(旧浦上天主堂)

爆心地より500m圏内に位置する浦上天主堂の鐘楼は被爆前も現在とほぼ同位置にあったものですが、原爆の強烈な爆風により、35m離れた現在の位置まで吹き飛ばされました。一旦、河川改修工事のため埋められましたが、1971年6月、掘り出し保存しています。重さ約50トンあるそうです


如己堂

如己堂

己の如く隣人を愛しなさいという聖書の教えを僅か2畳ほどの家屋に名付けて、闘病生活をしながら執筆、平和活動をされた故、永井隆が生前暮した家である。「この子残して」「ロザリオの鎖」はあまりにも有名である。昭和天皇がお見舞いに来られた事がありす。長崎市名誉市民でもある。併設して永井隆記念館があります。


平和公園平和公園

平和祈念式典が行われる場所です。悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。長崎島原出身である、北村西望作で、右手指先は原爆の脅威を左手は恒久平和を・・・園内には、世界各国から贈られた平和のモニュメントがある。現在17カ国々から頂いています。


爆心地公園

爆落下中心地公園

昭和20年8月9日11時02分まさに写真の上空約500メートルで原爆(プルトニュウム核爆弾)が炸裂し約15万人の方々が死傷しました。現在は公園として綺麗に整備させれていますが当時は、この場所にコンクリート支柱があり、英語で「ground zero」と書いてありまます。


原爆資料館

長崎原爆資料館

原爆の惨状・脅威を、また平和の尊さを伝える写真展示・ビデオ上映もある。当時の政治動向・現在世界の核の保有数など、全体を通して平和学習ができる施設。順路最後に「焼き場に立つ少年」と題する写真があります。米軍カメラマン、ジョーオダネルが長崎で撮った写真がある。涙が止まらない・・・・。

 

今すぐお電話

095-845-3125
お電話でのお申込みも、
24時間 365日 
受け付けております。

お客様サポート(専門のスタッフ)が
あなたのお電話を承りますので
お気軽にお電話おかけください。

お気軽にお問い合わせください TEL 095-845-3125 24時間受付

PAGETOP
Copyright © 九州観光個人タクシー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.